B評価 除毛クリーム

パイナップル豆乳除毛クリームは毛が残る事もあり、抑毛効果は薄いのか?

パイナップル豆乳除毛クリームは、スズキハーブ研究所の除毛剤です。

脱毛・除毛商品には「パイナップル豆乳ローション」や「パイナップル豆乳スキンミルク」などの商品があります。

「パイナップル豆乳」が付く商品の大半は、スズキハーブ研究所の商品です。

パイナップル豆乳除毛クリームは、除毛剤であり5分でムダ毛を除去するとされていますが、個人的には5分で毛が全て処理されるのは、難しいと考えています。

抑毛効果を期待する人もいますが、そういった効果は薄いようです。

今回は人気のパイナップルシリーズの、除毛剤であるパイナップル豆乳除毛クリームを評価してみました。

尚、子供にも使える肌に優しい除毛クリームという事になっていますが、子供の弱肌には向かないかな?と思える部分もあります。

 

お肌の悩みの項目を見て思った事

パイナップル豆乳除毛クリームには、お肌の悩みについての項目があります。

これに関して、思った事があるので正直に書いてみたいと思いました。

簡単に今すぐツルツルになりたい・〇

簡単に今すぐツルツルの肌になりたい場合は、パイナップル豆乳除毛クリームもありかなと思いました。

ただし、パイナップル豆乳除毛クリームを使っても「毛が残る」事は十分にあり、すぐにツルツルとはいかない所もあります。

さらに、カミソリやシェーバー(ある程度高価な奴)などの方が毛を無くすだけであれば早いとも言えるでしょう。

エステやクリニックなどの光脱毛は、やればやるほど毛は薄くはなりますが、そもそもすぐにムダ毛が見えなくなる技術ではありません。

それを考えれば、即効性に関しては、カミソリ、シェーバーの次にパイナップル豆乳除毛クリームと言えます。

毛抜きなどの方法は、時間がかなり掛かるので、すぐにツルツルというわけには行きません。

 

痛みゼロで肌荒れしないケアがしたい・△

パイナップル豆乳除毛クリームですが、「痛みゼロで肌荒れしないケアがしたい」人にも向いている事になっています。

カミソリなどのムダ毛処理は、毛は見えなくなりますが、肌が削れてしまい肌荒れの原因となります。さらに、埋没毛に発展する事もあります。

毛抜きなどは毛穴から細菌が入り、ぶつぶつが出来たりするわけです。それを考えると、パイナップル豆乳除毛クリームが優れていると思うかも知れません。

しかし、パイナップル豆乳除毛クリームには有効成分としてチオグリコール酸カルシウムという成分が配合されています。

チオグリコール酸カルシウムが入っている以上は、確実に肌に対して炎症を起こしますし、肌荒れの原因となります。

さらに、痛みとは言えないかも知れませんが、パイナップル豆乳除毛クリームを使っても肌が「しみる」などの症状は珍しくはありません。

尚、光脱毛などは、毛根を焼き尽くすために痛みは必ずあります。因みに、最も毛が濃い初回が一番痛みがあります。

 

除毛後のツルツルを持続したい・△

パイナップル豆乳除毛クリームは、除毛後のツルツルを持続したい人にも向いていると言います。

しかし、パイナップル豆乳除毛クリームでムダ毛処理をしても、毛根が残ってる為に、すぐに毛は生えてきます。

中には、パイナップル豆乳除毛クリームのイソフラボンの成分が、ムダ毛を生えにくくする抑毛効果を発揮すると考える人もいます。

しかし、抑毛効果は微々たるものですし、カミソリ同様にすぐに毛が生えてくるわけです。

ツルツルを持続したいのであれば、エステやクリニックの光脱毛が圧倒的に強いなと感じています。

本当に毛が薄くなりますし、施術をやればやるほどムダ毛処理も楽になっていきます。

 

とにかく処理の回数を減らしたい・△

パイナップル豆乳除毛クリームは、とにかく処理の回数を減らしたい人にも向いているとされています。

しかし、先にも言ったようにパイナップル豆乳除毛クリームを使ってもムダ毛はどんどん生えてきます。

ムダ毛の処理回数を減らしたのであれば、圧倒的に光脱毛が優れていると言えるでしょう。

これは疑いようのない事実だと思いますし、最終的には光脱毛は処理時間がゼロでも問題なくなります。

 

美肌成分が入っていても肌荒れはする

パイナップル豆乳除毛クリームですが、「美肌のために作られた除毛クリーム」などの表記があります。

他にも、エステ級の美肌になれる事や7種類のハーブエキスと配合していると記載があります。

パイナップル豆乳除毛クリームの広告の解説によると、美肌成分を閉じ込めるカプセルを使っている事が記載されていました。

パイナップル豆乳除毛クリームを使って、よく見ると「つぶつぶ」が入っている事が分かります。

私自身が成分分析をしたわけではありませんが、このつぶつぶがカプセルであり、美肌成分が入っているのではないか?と感じました。

尚、パイナップル豆乳除毛クリームの広告を見ると、ムダ毛が除去出来るだけではなく、美肌になれるような事が記載はされていますし、美肌成分が入っている事も事実でしょう。

ただし、先にも言ったチオグリコール酸カルシウムが入っている以上は、肌に必ず炎症は起きますし、赤みが出て被れたり痒くなるなどの症状が出る事にあります。

それを考えれば、パイナップル豆乳除毛クリームを使えば完全無欠の美肌になれるとは言えないと思いました。

 

パイナップル豆乳除毛クリームの使い方で差が出る

パイナップル豆乳除毛クリームですが、毛が残るという人もかなりいる事が分かります。

あと、塗りにくいと感じる人もいるようです。

様々な口コミを見て思ったのですが、スパチュラなどでやろうとすると、均等に塗る事が出来なかったりする事が多いようです。

パイナップル豆乳除毛クリームは、伸びがよいと感じる人もいますが、テクスチャが柔らかすぎて、すぐに垂れるとか使いにくいという方もいます。

一度に量を多く塗ろうとすると、パイナップル豆乳除毛クリームの液がボトッと落ちるという話もあります。

そういう場合ですが、ゴム手袋を使いパイナップル豆乳除毛クリームを塗ると均等に塗れて毛が残らないという話もあります。

もちろん、除毛クリームなので全ての毛を除去するのは、難しいかと思いますが、パイナップル豆乳除毛クリームで毛が多く残ってしまう人はやってみる価値はあるでしょう。

ゴム手袋を使ってみてください。

 

痒みが出る場合

パイナップル豆乳除毛クリームを使っていると痒みが出る場合があります。

チオグリコール酸カルシウムはムダ毛を溶かしますが、ムダ毛を溶かす成分が入っているという事は、肌に対しての刺激があり炎症により被れが出たりします。

人によっては、パイナップル豆乳除毛クリームを使ってから2週間後にぶつぶつが出始めたという人もいます。

尚、パイナップル豆乳除毛クリームは塗ってからの放置時間を10分を超えないように記載があります。

過去に紹介したエスフィットが剛毛で毛が取れない場合は、10分から15分放置するように記載がありました。

それに対して、パイナップル豆乳除毛クリームは10分を超えない様に記載があります。

それを考えると、一般的な除毛剤と比べるとチオグリコール酸カルシウムの配合量が多いのではないか?と思った次第です。

パイナップル豆乳除毛クリームを初めて使う場合は、パッチテストは行った方がよいでしょう。

尚、パイナップル豆乳除毛クリームで肌に痒みが出て使えない場合は、すぐにスズキハーブ研究所に連絡し返金の手続き(後述)をする方法もあります。

 

顔や髪には使用しない

パイナップル豆乳除毛クリームですが、顔や髪、デリケートゾーンなどには使用してはいけません。

顔にも使えるとアピールしている除毛剤もありますが、パイナップル豆乳除毛クリームは顔や髪には絶対に使用してはいけません。

上記を見ると分かるように顔には使用しないように書いてあります。顔は一番目立つ部分でもありますし、被れたら悲惨な状況となります。

デリケートゾーンも大事な部分ですので、使用しない方がよいでしょう。

そのため顔やデリケートゾーンには絶対に使用しないでください。パイナップル豆乳除毛クリームを使うのであれば脇や腕、脚などがお勧めです。

尚、信じらないかも知れませんが、パイナップル豆乳除毛クリームを髪に使おうとする人もいるようです。

上記がグーグル検索なのですが、「パイナップル豆乳除毛クリーム 髪」というキーワードがある事が分かります。これは「パイナップル豆乳除毛クリーム 髪」で検索した人がいた事を指します。

意図は分かりませんが、「お坊さん」が使おうとしたのでしょうか・・・。

 

匂いは気になる人もいる

パイナップル豆乳除毛クリームですが、匂いに気を使っている事が分かります。

86%の人がパイナップル豆乳除毛クリームの匂いが気にならなくなったとするデータも出してきています。

口コミなどを見ると気になる人もいれば、気にならない人もいるようです。

使い始めた時は、気にならなかったが段々とツンとした匂いが気になるという人もいます。

それでも、何も気を使っていない除毛クリームと比べると、ツンとしたパーマ液の様な刺激臭を緩和させる工夫はされているようです。

 

謎の女・エステティックサロンオーナー岡本知子

パイナップル豆乳除毛クリームの広告にはエステティックサロンのオーナーである岡本知子なる人物が登場します。

数店舗のサロンを運営しているはずなのですが、グーグルやヤフーで「岡本知子」と検索しても、それらしき人物が出てきませんでした。

今時、美容系のサロンを運営してホームページがないなどは珍しいし、ありえないのでは?と思った次第です。

私は名前検索しただけですし、何とも言えない部分があるのですが、岡本知子さんは架空の人物の可能性も十分にあるかと思いました。

パイナップル豆乳除毛クリームは、怪しさがない様なサイトになっているのに、存在がよく確認出来ない人を販売ページに登場させたのは、残念に感じた次第です。

尚、もう一人のパイナップル豆乳除毛クリームの広告に登場する医師である青山ビューテジオクリニック院長である桑原忠義さんは実在の人物です。

 

返金保証制度が付いている

パイナップル豆乳除毛クリームには、返金保証制度が付いています。

初回に限っても30日間の返金保証ですが、これはかなり良心的だなと感じました。

ケナクスという除毛クリームにも全額返金保証は付いています。

しかし、ケナクスの場合は「毛が1本も抜けなかったら全額返金」が条件となり、お金を返す気がない様に感じます。

しかし、パイナップル豆乳除毛クリームの場合は、被れた場合などでちゃんと返金してくれるようです。

上記は@コスメの口コミですが、ちゃんと返金してくれたのが分かります。この仕組みはユーザーの事をよく考えた処置であり評価出来ると感じました。連絡先は下記となります。

0120-32-8633

尚、パイナップル豆乳除毛クリームを返金目的で購入するのは絶対にやめてください。返金保証と言うのは、成分的なアレルギーで被れたり、弱肌や敏感肌で使えなかった場合に適用されるものです。

返金目的での購入は、人としてのモラルを問われる場でもあります。

 

パイナップル豆乳除毛クリームの口コミは評判が悪い

パイナップル豆乳除毛クリームの口コミですが、それほど良好という感じはしません。

上記は@コスメの口コミですが、評価が平均点である半分も取れていない状態です。

口コミの評判が悪い理由ですが、既に書いたように肌にブツブツが出来た人や、毛が残るなどの声が多いです。

ただし、私の考えとしては、パイナップル豆乳除毛クリームは販売ページが誇大広告というわけでもありません。

美肌になれるとは書いてありますが、永久脱毛が出来るとか、半年で毛が半分になるなどの嘘が書いてあるわけでもありません。

確かに、パイナップル豆乳除毛クリームの価格は高く感じるかも知れませんが、そういう意味ではもう少し自分は評価が高くてもいいのではないか?と感じた次第です。

さらに、返金保証がちゃんと付いているのは、良心的だと思いました。

 

パイナップル豆乳除毛クリームは子供にもお勧め出来るのか?

パイナップル豆乳除毛クリームの広告を見ると、子供にもお勧めできる様な記述があります。

親子で使用しても大丈夫だとする記述もあるわけです。しかし、自分の考えでは、毛が生え始めの頃はパイナップル豆乳除毛クリームでもいいかも知れません。

しかし、年頃の娘に成長したら、自分がお金を払ってエステの光脱毛をしてやりたいと思います。

自分の娘であれば、ムダ毛処理でムダ毛と日々格闘するよりは、別の事に時間を使ってもらいたいからです。

それを考えると、私は自分の子供にはエステやクリニックの代金を私が払ってでも、脱毛してあげたいなと感じました。

早いうちに永久脱毛をしてしまえば、有意義に使える時間が増えるはずだと思うからです。

 

パイナップル豆乳除毛クリームの評価

パイナップル豆乳除毛クリームのメリットとデメリットをまとめてみました。

パイナップル豆乳除毛クリームのメリット

返金保証制度が付いている

広告に怪しさがない

美肌成分が入っている

パイナップル豆乳除毛クリームのデメリット

肌荒れの可能性がある

ムダ毛は何度も生えてくる

抑毛効果もあまり期待できない

パイナップル豆乳除毛クリームは、B評価とします。

パイナップル豆乳除毛クリームは、酷評したように思えるかも知れません。

しかし、広告自体に怪しさはありませんし、これくらいであれば、実際の効果と比べてみても許容範囲だと感じるからです。

ただし、産毛は無くなるが太い毛には効果が薄いという口コミもあります。

尚、パイナップル豆乳除毛クリームを1週間に1回使い、パイナップル豆乳ローションを毎日使って美肌と抑毛を目指す方法もあるようです。

しかし、それだとお金がかなり掛かりますし、個人的にはパイナップル豆乳除毛クリームとパイナップル豆乳除毛ローションの両方を使うよりは、さっさとエステに行って光脱毛でも受けてしまった方が、遥かにコスパはよいと思いました。

 

 

脱毛方法の評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)         

-B評価, 除毛クリーム

Copyright© 脱毛検証辛口レビューブログ! , 2020 All Rights Reserved.